7of9 百姓的エンジニア at work さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

7of9 百姓的エンジニア at work @7of9@qiitadon.com

固定されたトゥート



huntingのためのブックマークレット (凄腕の人らにより作成)

-----
1. ログイン時使用?: スパム報告
qiitadon.com/web/statuses/1007

2. 非ログイン時使用可能: ダイアログでのスパムにチェックまで
qiitadon.com/web/statuses/1007

3. ログイン時使用可能: ダイアログでのスパムにチェックまで
qiitadon.com/web/statuses/1007

-----
A. テストデータ(消えるかもしれません)
qiita.com/shivanijain/items/55

qiita.com/EshalKhan/items/8a46

固定されたトゥート


手順の整理
1. googleで「site:qiita.com」で検索
2. ツールの「期間限定なし」を「24時間以内」にする
3. ***Postsや***Contributionがあるところまでを開いてスパム判定して報告
4. Qiitaへ移動
5. 「*」で検索。新着順番にする
6. ページないのあやしい記事全部をタブで開く
7. 各タブに対して、ユーザページを新規タブで開き、それをウィンドウ外に移動 (ユーザ投稿記事の一覧のため)
8. 元のタブの記事タイトルと、ユーザの記事一覧を見て一番上の記事はスパム報告。一番上でない場合(スパム報告済)は閉じる。

Winの場合、Ctrl+W(閉じる)を多用することで作業が進む。
報告済か判断することで、スパム報告時のクリックの無駄な時間を減らせる。

固定されたトゥート

手順を少し変更。
リード部分が長くなり、失敗が減る。

----

下基板(コントロール基板)の電解コンデンサの取り方

1. 半田面に追ハンダする (フラックス追加の意味で)
2. 電解コンデンサのコンデンサ部分下部をニッパーで切る。残った下部コンデンサをラジオペンチで抜き、リードだけにする
3. 部品面のリードをラジオペンチでつかみ、半田面にはんだこてをあてながらリードを抜く

!!!注意!!!: リードがスルーホールに残ると除去は困難になるので、注意して作業すること

固定されたトゥート


下基板(コントロール基板)のスルーホール内のハンダ除去

コーナンにて以下を買っておく。
ステンレス線 #26 線経 0.45mm x 10M, 98円

---
手順

ステンレス線3.5cmを用意する

1. 部品面のスルーホールにハンダコテを垂直にあててから抜き、スルーホールを少しくぼませる(ステンレス線差し込み用)
2. 1のくぼみにステンレス線を指す(指で持ちながら)
3. ステンレス線の横を持ち、指で押しながら、半田面のハンダを加熱してステンレス線を押す(貫通する)
4. 加熱しながらステンレス線を押し続けて、ステンレス線すべてが貫通するようにする

ステンレス線を押すことで、スルーホールにははんだは残らない
という方法

固定されたトゥート

新サービスに移行時には、ブックマークが全滅するので、同じドメインで長期運用されるサービスとしてQiitaが継続してくれればと思う。

成功するプロジェクトもある

設定が何か違うのだろうか

以前に動いていたプロジェクトもビルド失敗するようになった

共有ソースを変えてしまったのだろうか

Utilitiesを追加した段階でエラーが出る

lcd_log_conf.h: not found
jpeg_utils_conf.h: not found
unknown type name 'xTaskHandle'

🤔

一気に作業するとビルドエラーになる

> 裸ガスマスク

猫にガスマスク

猫は裸

例外処理が苦手

> これはやめてください
> 自分のは外してください

どう対処するのだろうか?

手順書はできた

この通り実施して、失敗しないか確認

服装自由という事でガスマスクで通勤してた人いたな…

初音ミクの服装も禁止はされていない

IDEを使うと画面を一つ占領する

残り一つのモニタでは参照する情報が多い場合、足りなくなってきた

ファンにとっては大変なことですね


日付けのマーキング
一年バージョン

366個のテーブルにマークをつけておく

対象の年月が決まる
1. 通年の日数を開始インデックスとする
2. 一月分のマーク情報を最大37個のテーブルにコピー
3. カレンダ上の各日付けに対して2の情報を元に色付けをする

37日:
6週になる場合がある
7*5 + 2日 (30日と31日)

一年で考えると
最大366個の要素

そことカレンダの配置との対応を検討