イエロートマト胃之116番 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。
60f4b2f21d96cae2

イエロートマト胃之116番 @YellowTomato

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

Qiitaに記事書くモチベーションってみんなどんな感じなんだろう?「書くことで勉強になる」「シェアする喜び」「技術力アピール」とかかな?

話変わっていつのまにやらPawooがマルチアカウント対応してる。統一しちゃおうかな。

驚いたのはCOMPのステッカーがついてきたこと。ステッカー貼ってもらうのが宣伝として有効なのだろうね。

Gunosyの松本さんの記事に出ていた完全食COMPのグミタイプを購入&到着。作業に熱中しちゃうと食事を抜いちゃうタイプだからせめてこういうのでフォローしていこう。

よし!今日も労働した!なんの心残りもなく寝よう!また明日!

久しぶりにきたが落ち着いてる 寝るべ

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

今日は政府が主導で進めている働き方改革の一つであるテレワーク・デイでしたね。
会社員の方にとっては新鮮で特別な1日だったのではないのでしょうか?

私は普段から自宅でテレワーク/リモートワークをしているので、今日も普段と変わらずあまり特別なことはありませんでした。
私がテレワーク/リモートワークを本格的に導入して1年半になります。
普段はコミュニケーションの頻度や質に注意すれば、特にトラブルにはなりません。

今後としては、情報共有の方法や勤務時間を各拠点間で非同期化することが大きな課題です。
これが解消されると、もはや勤務地の概念が払拭されます。
オフィスで仕事するということが非日常になるでしょう。
全国各地、あるいは世界中、もしかすると将来的には宇宙でも、どこでも仕事が可能になるかもしれませんね。

24日はテレワークの日 あなたはサボる? 働き過ぎ? : NIKKEI STYLE style.nikkei.com/article/DGXMZ

経歴詐称云々はやっぱり上場リスクかななんて

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

やまもといちろうはVALUの審査にずっと通ってない

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

個人的な感覚だけど、長期に働くことを考えると「歩く」とかせめて「ジョギング」とか、そのくらいのペースにしたいのよね。走ることもたまにはやるけど、走ってばっかりだと身体がもたないだろうし。

これも個人的な感覚だけど、残業してるときは「見積もり誤った俺のバカバカ!」って思いながらやってるので、精神的にもあまり良くなく。

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

それでもやっぱり究極的には手段は手段に過ぎなくて、俺たちは手段と好みがかっちりとハマるあの瞬間を求めて彷徨っている

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

中国奥地の自然の水で水力発電して、毎日50BTC採掘しているとかいう組織をみて、勝てないわと思った。

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

いやま実際の話、なんらかのアセンブリ言語を学習すれば、C言語のポインタはすぐ理解できるんだよね。メモリの置き換えでしかないわけで。

「Javaスクールの危険 - The Joel on Software Translation Project」 local.joelonsoftware.com/wiki/スクールの危険
を提示する方もいた気がするけど、そこでふるい分けする必要もなく、順序立てて教えればポインタも再帰も学習できる。

野球部に入っていきなり「素振り1000回」とか言われて上達するとは思えなくて、まずは(大抵の人は部活に入る前に体験するんだろうけど)野球をやって楽しさを味わうでしょ、
もっと上手くなりたいって思うから素振りするんでしょ、
とかは思いますわね。

学習法でどうにかなる部分はサクッとどうにかなって欲しいところだす。

実にそうだ教える側の視点も加味しなければなと思って読んでいたが、不意に見つけた臭枕に撃沈。寝ようかね。

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

コードを書きながらこう考えた。
智に働けばくたびれる。情に棹させばデスマーチ。意地を通せば客が減る。とかくに開発は楽でない。
(『臭枕』より)

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

大学で何のプログラミング言語を教えるかということも大事だけど,もっと重要なのはどう教えるか。
そういう視点に対して,「いや,大学ってのは本来自分で勉強するところだから」という論もある。
まあ,それ自体はもっともなのだけれど,仕事として講義するのだから授業の質に意を注ぐのは当然だと思う。

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

Ruby しか書いたことなくて,CPU やメモリーのことをほとんど理解してない人がいたとしても,そのことをもって〈プログラミングというものが根本的には分かっていない〉などとは思わない。
抽象のレベルが違う。
半導体の電子状態を知らなくても論理ゲートの組み合せで二進数の加算機械が作れることは十分理解できる。

イエロートマト胃之116番 ブーストされました

話をまとめるとプログラミングを学ぶという時に
「アルゴリズムを学ぶ(ループや再帰など)」
「コンピュータの動きを学ぶ(ポインタとメモリなど)」
「特定の言語仕様を学ぶ(スコープやら連想配列やら)」
「特定のパラダイムを学ぶ(関数型やオブジェクト指向など)」
「更に複雑なパラダイムを学ぶ(並列処理やなど)」
「特定のプラットフォームを学ぶ(.NETとかCUDAとか)」
「特定の技術分野を学ぶ(ネットワークやデータベースなど)」
「流行りを学ぶ(機械学習やら仮想化やら)」
この辺がごっちゃになるのか…

承前)ただ、最短距離でも平易な道でもどのルートであっても通るべきなのが基礎的な内容名のだと。基礎を避けて登ろうとすると道は整備されていない。基礎の道を通る前提があるから。それが基礎を覚えるということのイメージ。