celluloce さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。
celluloce @celluloce

突然ターミナルが使えなくなるなど。
localeの設定に問題があるというのはわかったが、何に問題があるのかわからないし、そもそもいじってない。

· Web · 0 · 1

@yumetodo
手書きでメモするので少々お待ちを。

@yumetodo

C
en_US.utf8
POSIX

これだけです。

@celluloce んーそれはおかしいなぁ。langageパックとかArchだとどうなってたっけか

@yumetodo
langateパックあたりで調べてみませう。

@yumetodo
export LC_ALL=en_US.utf8で一時的にでもターミナル開けるのではと考えましたが、開きませんでした。

vim /etc/locale.genja_JP.UTF-8 UTF-8をアンコメントし、locale-genをやってみたところ、

/bin/sh: warning: setlocale: LC_ALL: cannnot change locale(ja_JP.UTF-8)

rm: cannot remove `/usr/lib/locale/locale-archive`: Permission denied

Generating locales...
en_US.UTF-8...cannot open locale archive "/user/lib/locale/locale-archive": Permission denied

と出てきた。
(手書きメモ法辛い...)

Ubunchで、language-pack-ja入れたら治ったとか書いてる記事を見つけたが、Archにはそれっぽいの見つからない。

@celluloce Archでこれをやるのは愚行かもしれませんが、管理者権限で実行してしまって良い気もしますが。

(Archlinux Wikiのコマンド例の先頭が # であることを眺めながら)

wiki.archlinux.jp/index.php/%E

@manzyun
先程解決しましたが、確かに管理者権限を入れたら上手く行きました。

localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP.UTF-8
をやると良いという記事を見つけたからやってみたら、
cannot open locale archive "/user/lib/locale/locale-archive": Permission denied
と出てきた。
お前か原因は。

「sudo入れろ」という記事raspberrypi.org/forums/viewtopを見つけたので、sudo localedef -f UTF-8 -i ja_JP ja_JP.UTF-8やってrebootしたら出てくるようになった。
以上。