あらぶる ひだお さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

あらぶる ひだお @hidao@qiitadon.com

あらぶる ひだお さんにブーストされました

このパターンのキモは「顧客が説明した要件」と「顧客が本当に必要だった物」が違ってるトコだな 
推理力やエスパーとしての能力も問われる 

あらぶる ひだお さんにブーストされました

要領を得ない説明を聞く側としては、相手の気持ちになるというか、「この人の中で今説明した事象Aと事象Bがどう結びついているのか」みたいな事についての仮説を身に着けて、その仮説を修正しながら聞くと、「この人の中ではかくかくしかじかの理屈で要領を得る説明だったんだな」と分かったりする。
この仮説の部分について、自分と相手で極端にずれていると、一向に内容が伝わらない感じ。
共感ベースと事実ベースだと、全く噛み合わない事がある。

あらぶる ひだお さんにブーストされました

共感ベースでの説明を受けることに慣れている人は、言葉が指し示す事実を事実として受け止めるのではなくて、まず口調とか雰囲気みたいなものが体に入って、それから言葉がついてくるような事がある。そういう受け止め方の場合、実は「長いだらだらした部分」に本質的な意味を求めている事があって、その有無で理解のスピードが劇的に変わったりする。
若干意味合いが違うんだけど、アイスブレイクとかに近いと思う。

あらぶる ひだお さんにブーストされました

それは、本当に伝わっていないのだ(直球)

というのも、それは必ずしも悪い意味ではなくて、私が昔みた物の本によると、IQが20違うと話がつらい[要出展]らしい。例えば、間の置き方とか。一般的な意味で教え方が下手でなくても、伝わらないという可能性は十分あると思う。
私は、大学の時に同期に指摘されるまで、自分の喋り言葉に漢語(漢字)が多いとか考えた事もなかったんだけど、言われてから定量的に比較したら、確かに驚くほど量が違った。そういう習慣だけでも、わかりやすさって劇的に変わったりする。一文の長さとかも。
個人的には、内容よりもむしろカタチなのではないかなあ、とゲスパーしている。。
私も昔から結構苦しんでるんだけど、中々本質的なレベルでは改善しない。

あらぶる ひだお さんにブーストされました

MVCを呼出ベル、料理人、ウェイターで例えるのはいいと思った。

あらぶる ひだお さんにブーストされました

ITの高い教育スキルって、ITの言葉を使わないでITのことを説明できたりすることも入るんだろうな。
他には何かあるかな。

あらぶる ひだお さんにブーストされました

ふだん、雨が降るとコンビニの客が増えるのだけど、逆に晴れで暑過ぎる日もコンビニが混雑するという事を学んだ
今日もトリビアを増やすぞ

あらぶる ひだお さんにブーストされました

仕事が面白くないと人は心をやっていってしまうので、定着率が下がり効率がいつまでたっても上がらない。我々はコードやSQLを書いてると何故か楽しいという認知の歪みによってこういう仕事を続けてはいるが、面白くないコードを書いているとそちら側のモチベーションが払底する。システム自体を(プログラマー的目線で)面白く設計し、どの作業も面白いような形で分割する事は可能だろうか?

分割する作業自体も面白いといいな…

あらぶる ひだお さんにブーストされました

少し前、流れ作業のライン型ではない1人で装置を組み上げるまで担当するタイプの工場が流行っていて、よくニュースにもなっていた。確か効率としてはラインの方が良いのだけれど、ラインは面白くなさすぎて工員の定着率が悪くて、1人で全部組み上げるタイプはわりと面白いので定着率がいいみたいな話だった(ような気がする)。1人1人に作業指示のディスプレイが与えられて、そこに表示される順に作業して分析装置みたいなのが組み上がる、確かに見た感じライン作業より明らかに面白い感じであった。

翻ってSI案件のどうしようもないクソ単純作業に分割するアレはこういうのと同じ道を辿る面があるのではないか?という妄想をしている。

おはどん!
今週は実質4勤だドン!

夕飯食べてないので、KRAFT ブランドの熟成ゴーダチーズ「無垢」をつまんでカロリー充填

sinatra 問題へのお節介で 8h 溶かしてなお解決せず。
もう少しっぽいんだけどなー

あまりよく眠れなかったので、お名前.com を お前等.com に空目してしまう

あらぶる ひだお さんにブーストされました

デザインのArt化については...むしろwebデザイナーの方が、本当に指示されたhtmlしか書かない意味でのコーダーのような扱いを受けて、ページとか作業量での支払いが多そう
かつ、プログラマと少し違って、一枚絵は基本描いたら描いたで終わり
保守という概念が普通はない
キャリア的にはディレクターとかが上位にある場合が多いようなイメージ
(イメージ)
作品の成果の定量的な表現は難しい
ブランド確立してないと、正直ただの作業者を超えられない気がしている

システム開発ってアートの部類に入ると思うのですが、見積もりが建築の見積もりに影響を受けてコストベースになっているのがそもそもヤバイ。
コンサルタントやデザイナーの報酬ってコストベースじゃない印象なのですが、システム開発の見積も Arts ベースになりませんかね?

あらぶる ひだお さんにブーストされました

偽装請負も多重請負も相当昔から禁止ですが、取り締まる方が本気じゃないので...

あらぶる ひだお さんにブーストされました

プログラミングサイトと同じように、テーブル定義、ER図、正規化と学んでいけるサイトが欲しい

// 東堂:私は窓際社員ではない

用の 、とても良いんだけど、こと で使っているとコードブロックの内容が表示されない不具合(?)があるのがつらい