hieki さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

アメリカ合衆国退役軍人省、20年もののDB抱えててAWS移行前でも11gなのちゃんとメンテしてて偉いなgyazo.com/786eb7e7fbd9d9535f25

Lambda を使って色々やるのが本当に好きなんだけど基本的に Rails を中心に据えたアーキテクチャだと Lambda の登場シーンが一切なくてマジで悲しい

いや非同期のいちトランザクションでやれよみたいな事は思ったが

Gmailのゴミ箱削除が10分くらい待たされるのにウンウンわかるなあ、ってなってた

僕は僕で一発の綺麗なトランザクションに拘りすぎている節はありますね

ていうかLambdaでRDB触らないで欲しい

たとえばLambdaで素朴に実装すると定期ポーリング的にリトライするの余分に色々な層が増えてつらい

非同期ジョブでどこまで柔軟にやれるか問題だ

ESとかRedisとかNoSQL絡んでくると激ダルですねー

実際に自分がユーザ削除したらなんか半分だけ記事残ってたら、えマジ???本当にこれ全部消えるの????ってなりませんか、それくらいならユーザ削除失敗してロールバックしたのでもう一度削除ボタン押してね、のほうが

ユーザ削除時に記事全部消すみたいなトランザクションとかつらいよね(つらい)

KinesisもLambdaなんかに配信済みのデータをわざわざAPIをネットリ叩かなくてもサルベージ出来れば幸せなのになーって思います

2分で調べた感じkafkaはデータ保持期間は任意で理論上無限だけどデータが配信された瞬間に消える(AWS Kinesisは配信しても消えないが保持期間が7日まで)という感じぽい、そもそもkafkaとか自前で運用したくないな

kafkaなんも知らんけどpub sub配信っつうかいわゆるリアルタイムなキューストアであって永続化出来るものじゃない気がする、と思ったが保持期間はKinesisと違って任意なのかなるほど

っていう話をどっかでしたかったんだけど別にナウくもないしTwitterで言ってもという感じだったのでここでイキります 古のElasticsearch v1 系も Classic EC2 も倒したのでもう負債らしい負債は残ってないはず😎

Rails、コンテナやサーバレスとありえん相性が悪い問題が解決しない限りナウなアレに持っていけない……

まあそんなにイケイケ感は無くて、2年くらい前のイケイケ状態に持っていけたかなーという気持ち

というわけでQiitaはMySQLを捨ててAuroraに、Redisもv5.0.0になりました

正月、ワールドカップ、オリンピックくらいしかタイミングが無いという話がある