YAMAMOTO Yuji : 山本悠滋 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

YAMAMOTO Yuji : 山本悠滋 @igrep@qiitadon.com

NominalDiffTimeを整数の気分で列挙すると死ぬという話だった。
GHCiで

import Data.Time.Clock
[1 .. 3 :: NominalDiffTime]

すると1秒から3秒がいかに長いかが分かります😇

へぇー、Rustのレコードに対するパターンマッチって全フィールドに言及しなきゃいけないのか。結構保守的だなぁ。

やべぇ、今TabNineの方が私より正しいコード提案した。こりゃもう引退かな...😂

wget --helpとかwget https://aaaだと再現しなくてwget -O aaa https://aaaだと再現する。なんだこりゃ?

一応レジストリーなりスタートアップなり見たけど、特に怪しいのもなかったしやっぱ誤検出だよなぁ

確信が持てないけど、ウィルススキャンしても見つからないってことは多分そう言うことだよな...

えっ、なにこれwgetコマンドを実行しようとしたらTrojan:PowerShell/Mountsi.A!ml なんて言うんだけど、もしかしてmsys2のwgetを呼ぼうとしたから書き換えてると思われた?

Cofree [] a はrose treeに相当するど、
Free [] a はなんと呼べばいいんだろう。

と思ったけどコード抜かなくても再起動できるやつもあるか

ルーターの調子が悪いときに一時的にルーターの電源切るの、普通に説明書とか本体にも小さく書いてあったりするもんだけど、やっぱ人に勧めるのにはなかなか勇気いるよな
コード抜かないといけないし。

Power Automateのつらいところを語るために例を示そうとしたらPower Automateのつらさをさらに味わうという業

Power Auatomate, シングルクォートのエスケープつらすぎ。21世紀に生まれた言語でエスケープするには二重にシングルクォート書けとか...

replace(variables('名'), '''', '''''')

とかいう意味不明な式が生まれてしまった。

こう、乱数が絡む関数の結果をテストするために、返しうる値とその比率を渡すと自動でχ2検定してくれるテスト用ライブラリーってないものか。

ja.stackoverflow.com/questions の問題について詳細がやっとわかった。
haskell:8の最新のGHCが8.10で(そりゃそう)、stackの最新のLTSが要求しているのがGHC 8.8(それもそりゃそう)なので、--system-ghcオプションを付けても食い違ってしまうのだ。ドキュメント直そう。

また新しく小さなテスト用パッケージをリリースしました。
hackage.haskell.org/package/fa
いきなりバージョンが0.3.0.1になっているのはfakefsという別のパッケージからコピペしたことによるミスです😅

そのためのこれ github.com/haskell-jp/makeMist なんだけど、まぁ一朝一夕にはできないね... (わずかずつながら進んではいる)

Haskell入門は興味本位ではいる博物館じゃないんだよ、人類の英知が詰まったプログラミング技法なんだよ....

なんとか、モナド則とか圏論とかその辺の詳細を気にしないでコードを書いてくれるHaskell入門者が増えるような状態にしたいなぁ。
その手の質問は自分も確信を持って答えられないことが多いし、正直うんざりする。
「そこそんなに重要じゃないよ?」って答えたくなる。もちろん学習者によって事情は違うから、「その辺の詳細」が必要な人もいるのだろうけど、まぁ大抵「そういう理論的背景があるんだな」ぐらいの認識で十分なのですよ...

「公式が出してるのにドキュメントのサンプルコードをコピペして動かないのはおかしい」などと言われ、「HAHAHA, これが弱小OSSというものだよキミィ!」という変に悲しい気持ちになっている

始めてがっつり読んだプログラミングの本が初めてのPerlだったおかげで多くのコマンドにおいてハイフン - 一つだけの引数を指定すると標準入力から読むようになる、というググりづらい話を知ってる。