ジョニーさん さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

ジョニーさん @johnny_shaman@qiitadon.com

固定されたトゥート

1:自他を裁くものは、裁かれる
2:自らが正しい行いをしたのであれば、顔を上げれば良い。
さもなくば邪に魂をうることになる(アベルとカインの例が秀逸)
3:己に罪なきものから順に、その者に石を投げなさい。
(多分誰も投石できないはず)
4:この世の全ての富は、彼(宇宙とか神とか仏でも良い)から見れば全て不正の富である。
(だからそれを使って友だちを作りなさいということらしい)
5:人は、富と彼との2つに同時に仕える事は出来ない
(だから慈善事業はOK)
6:ソロモン王の栄華は、彼の義と理を知りたいと願うことで与えられた。
7:己を赦し、他を赦し、命に仕えるように我々は言われているだけ。
8:偶像を崇拝すると、崇拝対象が混乱するんだけど、それを上手く書けているのは「星の王子さま」

ちょっと、いろいろごちゃまぜだけど分かりやすいようにまとめてみました(笑)

私の友人の知人は、
「空飛ぶタイヤ」
のモデルケースで実際に亡くなられた遺族なのだよ。
その話は、本当に居た堪れない。

そういう奇遇な人々が、私の周りには確かに多いのだ。

人力の機構の方が、電池より軽いなら???

やはり、2~4人乗りは可能ってことかな?

ヘリウム1L当たり、およそ1kgの浮力になるってことかぁ…

市販で7000Lは売っているのを見た(笑)

ってことは、エンベローブに、弱加熱する100wくらいの電熱器を入れて…
半熱浮力飛行船が作れるはずだ。
動力にはドローンを応用すれば、推進出力が60~100wで行けるんじゃないか???

そういえば、昔誰かから聞いたな…

壊れないネジは、もう作れるのだけれど作らない。
なぜなら儲からないから。

ジョニーさん さんがブースト


Epipolar Sampling

github.com/GameTechDev/Outdoor

> Epipolar sampling helps minimize the number of samples for which expensive ray marching algorithm is executed while 1D min/max binary trees are used to accelerate computations.

ジョニーさん さんがブースト


Epipolar Sampling

groups.csail.mit.edu/graphics/

1. Introduction
> We also present an epipolar sam-pling scheme that guarantees sufficient sampling for a rectangular image at a lower cost than uniform sampling.

長方形に対して有効

なんか、こんなディストピア、早く終わらせてユーフォリックな世界を作りたい。

私は何を信じたいのだろう?
私はどこへ行きたいのだろう?(笑)

始まってるなぁ…
indeep.jp/holly-wars-of-chines

まぁ、昨日ちらっと話したんだけど、「聖書」と呼ぶには実はおこがましいぐらい、比喩表現が連続した自己矛盾的な読み物であるだけというのは確かで、所詮「神」というのは代名詞でしかない。

真に受けて、その人の真摯な願いや発言自体に耳を塞ぐのも、一つの信仰だよ。

つまり、逆信仰も信仰だと言っておこう。

おつどん!

ReadMe を書いた!
まだこの通りとまでいかないかも?

github.com/johnny-shaman/Categ

テストも書いてるよー

ジョニーさん さんがブースト

これはへーしゃにCIを根付かせるための大いなる第一歩なのだ。

CTEは値をgetメソッドとして閉じ込める。
つまりクロージャだと言いたい。

どうしても、コモナドのextendって名前が気に食わない。
takeStoreなんだから、takeの方が抽象的でいい名前だと思う。

ジョニーさん さんがブースト

そういやクソ愛人って一応ちゃんとしたルートで契約していることになっているんだけど(だからちゃんと会社からお金払っているらしい...)、服装のセンスだけは悪趣味というか、イカニモな愛人系なのは草生える

ジョニーさん さんがブースト

やっぱみんな慣れない大金を持つとジャラジャラテカテカになるのかな(偏見)

それでも、私は裁かない方を選ぶ。
自他を裁くことの不幸を良く知っているから。