まげ店長 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

まげ店長 @magemanager@qiitadon.com

固定されたトゥート

[数学でエニグマ暗号解読]
①S26の共役類を列挙して、ループの長さと個数で分類。
 ※マリアン・レイェフスキと同じ。
②クリブのアルファベットの頭文字を1にスライド。
③クリブによるループを再現する共役類を探す。
④組み合わせ個数でチェック。

⑤ローターの回転セット位置は②より決まる。
こうすれば、圧倒的に計算時間を短縮出来る筈だが。
コンピューターを使わないと無理だけど。

土日で勉強した状態空間モデル、役に立てば良いのだが

自宅勤務で500時間/日働きます!

久々に「組合せ論の基礎」を読むとそんなに難しくない。おぉ、これはエニグマ暗号解読の方法が詰まってる

数え上げ数学の問題は身の毛がよだつほど嫌いだが、組み合わせ理論は好き

んんん、そういえばグラフ理論の研究家が書いた組み合わせ数学の本があったな。。。
※ファイナンス数学はどうした

ん、出来るか?んな事。。。

組み合わせ問題がネットワーク問題で解ければ便利なんだけどな。。。

今ならPythonのNetworkX使えば5分で書ける。

グラフ理論の本を見て、最低流量制約付き最大流最小コスト問題をPrologで一から書いたりしていたが、世の中には最適数学のライブラリと言うのがあり、コーディング不要で解けると知ったのはその頃だった。まだPythonも一般には殆ど知られてない頃。

Prologが役に立ったのは人生で一度だったけどね。まぁ、一度あればよかったか。

練習問題でリストを自由自在に加工できる事を知ってから、Prologが苦痛でなくなった。Prologやって5年目位だったかな。

19歳の頃にやってたPrologは苦痛の塊だったなぁ😂

もっと早く始められたら、もっと楽だったのかなぁ。。。

20年続けてきたからもう苦痛でもなんでもないけど、やはり毎日勉強するのは苦痛だった。それでも続けている理由は「仕事で楽して生きたい」からである。

エニグマ解読の研究なんて今年で21年目になる。ようやく、数学的に分かってきたし、計算時間を歴史上の計算より短縮出来そうだ。

あと、今日中にファイナンス数学をどこまで進められるか?ポートフォリオ最適化は二次形式の最適化だと分かったので、後はファイナンス関係の用語を覚えないと。デリバティブって何?
※投資はしない

あぁ、100%趣味の対称群は今週は無理だな。。。

ユーキャンのCMで「仕事が終わってから勉強っすか?超リスペクトっす」と言うのがあるが、勉強と言うのは業務中にも業務外でも行うのは当たり前であって、「お前はいつ勉強しているんだ?いや、そもそもしてるのか?」とツッコミを入れたくなる。

同じ勉強でも、100%趣味の物と、業務で使わないといけない趣味の物は、納期が違うから大変だよ。。。リー群なんて4年も掛かってまだ途中だけど、怒られない。

Rで一番難しいのは、データをコピーしてRに取り込む部分であろう。私はググって、更に半日は無駄にした記憶がある。