まんじゅ(´ん`)@現世人型害畜 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

まんじゅ(´ん`)@現世人型害畜 @manzyun@qiitadon.com

固定されたトゥート


・日本語解析による認知の歪み検出と分類プログラム(自分の思い込み等の解消の為に行っている「ノンストップ・ライティング」のワークの支援ツールとして)
・遺伝的アルゴリズムによるスケジュール生成プログラム(ポロドーロテクニックタイマー付)(自分の生活の支援として)
・マルコフ連鎖を利用した自分ボット(いかに自分が偏った考えによる発言をしているか意識するため)

固定されたトゥート

ネタの書き置き

Undertaleの「アズゴア」戦 + Y's II(イース2)の「TO MAKE THE END OF BATTLE」

Undertaleの「スパイダーダンス(マフェット戦)」 + TECHNORCH氏の「GOTHIC SYSTEM」

Undertaleの「MEGAROVANIA」 + 星のカービィ64のゼロツー戦

misskey.io/notes/8lup6b7yps

ミントの種を巻く庭が無いんだよ……。

なお実家ではレモンバームとミントを大繁殖させちまいましたねー……、お茶にしておいしく飲んでましたけど。

……ところで、『ブギーポップ』シリーズでも『アイスクリーム』の巻がありますよね。

bbbdn.jp/@mr_mr_president/1062

「そういうbotを作るなら、おまいさんがそういうbot(深層学習するのでbot以上な気がする)を作りなさいよぉ……!!」
ってなる。

遺伝的アルゴリズムエッチウーマンを任意のエッチウーマンの画像に近づける別のbot動かしてるやつがいるらしくて「違う…お前は何もわかっちゃいねえ…」みたいな気持ちになった

自分と他人双方で、
「どうしてお前はそういう発想をするんだ?」
となるしなった事しか無いので心底、
「どうして俺を人間の形に産み落しやがった」
と、存在を確認できない存在に対して常々思うんじゃよ、ほんと。

これでも自分は端的かつ明瞭な回答をしたいが、そこで自分の意図しない解釈をされるのがすんごく嫌なんだな……。

そしてこれに似た事を気付く度に思うのである。
「お前(俺)の意図なんて、他人は心底どうでも良いのだ」
と。

うーん……やっぱりQiitaでの質問でも、
「問われているもの」:: **簡潔かつ明瞭な**回答
「僕の回答」:: **冗長で読み辛い解説**

というミスマッチが発生したので、もう人間の姿でいるのが嫌になってくる。

あと、サンライズさんはコミケの開場前とかに挨拶必ず来てくれて、色合いとか仕上がりをサークルからちゃんと調査して、問題点とか次回までになんとかします、でなんとなしてくれるって言うのが結構あったので、そこも評価点としてあげたい

緑と青の再現度高いなら風景の同人誌のとき発注しようかや。

わい、昔ボカロクラスタだったんで、ミクさんで本も数度出したんですけれど、とにかく緑の再現度が高いのは評価高かった。
その後、ボーダーブレイクって言うこれも緑がメインカラーの作品の同人誌を作り、その後艦これって言う青をしっかりやらないといけない作品で同人誌作っていたわけなんだけれど、毎回文句なしの緑と青を仕上げてくれていたので信頼度高いです

サンライズさんはサンプルももらえるし、カラーモードの種類を変えるとかもあるから、結構自分の好みの色合い出しやすい。

あとは、長年使ってるけれど、とにかく緑と青の再現力が高い

> エッチなのはいけないと思います!

そういえば、

gamingchahan.com/chat/

152代目 なので、まだまだ人格さえも形成されて無さげなので、みなさんもっと **教えて** やってみては?

実は漠然と、
『24時間運用しないWebサーバーの運用方法』
が無いかと考え続けてしまっている。

UbuntuでCPUクロックをMAXにしてTurbo Boostを使う方法
通常CPUガバナーをperformanceにするだけ。
ゲームをする時には重要なので古いマシンで使う時は覚えておこう
当然発熱量と消費電力が増えるので注意。
AC電源に繋いだ時だけ推奨

sudo cpupower frequency-set -g performance

警察は幹部の写真を撮る機会を得るという条件を組に飲ませて各地から組の幹部が集まる葬儀の黙認を警視庁から得た交渉手腕すさまじいな

pleroma.noellabo.jp/objects/3f

エディタやターミナルの背景に背景画像を設定するのはちょっと憧れるものの、貼りたい画像がこれと言って無いので、ちょっと羨しい悩みに思ってしまった。

mstdn.maud.io/@omasanori/10624

紹介されているのは、
「あえて型システムに喧嘩を売る」
プログラミングなので、
「こういう風にコードを組まなければ良いだけよな?」
という話。

だから数秒前の自分の様に、
「これをネタに、
『いつから静的型付けが安全だと錯覚してた?』
と言ってみる?」
というのは、完全にアホ仕草なので止めておけ。

「型システムの反例」というタイトルから想像できるような、型検査器をめった打ちにするようなプログラムが載ってるみたいでワクワクしている。

Counterexamples in Type Systems
counterexamples.org/

stedolan/counterexamples: Counterexamples in Type Systems
github.com/stedolan/counterexa

tan90°が定義できないの,0除算が現れてしまうから当然なんだが確かにわかっていない人は多そうだな