まんじゅ(´ん`)@現世人型畜生 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

> 0と1の羅列にその機能を表す英語に似たニックネームを付けてプログラムを作成する手法が考案されました。
> 英語に似たニックネームのことを「ニーモニック」と呼び、ニーモニックを使ってプログラミングするプログラミング言語を「アセンブリ言語」と呼びます。

ざっくり0と1の順番ごとにあだ名をつけてプログラミングするのがアセンブリ言語って話なのか?

@okumurakengo

僕もちゃんと理解してるわけじゃないんですけど、自分なりの理解だと

ADD A B;
みたいな命令も2進数に直すと

10101010110000101010101010101....みたいな命令になってしまいます。

これでプログラムを書くと面倒なので、じゃあ"10101010110000"はADDって名前をつけようね、"10101010"は数字だから10進変換して"170"ってしようねっていうのがニーモックです。
昔はこれを紙とかに書いて、人間が頭と手でバイナリに直してコンピュータにはバイナリとして入力してたらしいです。

そのうち、この変換作業を自動でしてくれるやつが現れます。これがアセンブラです。

っていう理解をしてるんですが、もしかすると間違ってるかもなので出典は個々当たっていただけると...!参考まで

まんじゅ(´ん`)@現世人型畜生 @manzyun

@hidaro さん👍 @okumurakengo
余計な情報を付け加えると、最近のCPUだと加算以外の命令とかを効率よく行うために、拡張ニーモニックなんてものが割り当てられていたりして、まあ楽しい……です(個人的には)。

ちょっとOpenRISCのアーキテクチャマニュアルを読んで……というのは酷すぎるので、CASL2の言語仕様(?)辺りで、実際のニーモニックとはというのを確認しておくと良いかもしれません。

· Web · 2 · 1