魚とトマトの人 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

魚とトマトの人 @momosetkn@qiitadon.com

固定されたトゥート

本田35式認知テスト overpass.dokkoisho.com/cogniti
の診断結果
(3) 言語映像がもっとも高く
(6) 聴覚&音がもっとも低い
耳から入ってくる情報の処理苦手。

固定されたトゥート

「フクロウ型」(INTP)タイプでした

👉圧倒的直感力
👉優れた論理的戦略
👉人間味がある

16test.uranaino.net/share/Z1cc

固定されたトゥート

【才能を知る性格診断】momosetknさんの素晴らしさは「物事の『肝』が分かるところ」と認定されました。

ただ知識を詰め込んだり、計算が速いというのではなく、本質的な賢さを備えています。物の道理を理解し、現象の本質を捉え、様々なことに応用できる人です。ピュアにこれを極めると、哲学者にもなれるでしょう。

↓詳細はこちら。みんなやろう!
seikaku.hanihoh.com/seikaku3/r

魚とトマトの人 さんがブースト

てかASUSも迷走が酷いなぁ

ASUS「ROG Zephyrus G14」実力レビュー、無二の天板LEDを持つゲーミングノート優等生 (1) 高性能だけじゃない、天板がアニメする「AniMe Matrix」
news.mynavi.jp/article/2020052

魚とトマトの人 さんがブースト
魚とトマトの人 さんがブースト

TypeScriptで、連想配列から特定の要素を削除する関数の戻り値の型をちゃんと定義したい。
どうすればいいんだろう?

export const omitProperty = <T extends {}>(
object: T,
property: keyof T
): Omit<T, ここどうする> => {
const copiedObject = { ...object }
delete copiedObject[property]
return copiedObject
}

魚とトマトの人 さんがブースト
魚とトマトの人 さんがブースト
魚とトマトの人 さんがブースト

今日はお休みをいただいています


ソート済みであることを前提とするbetween的な処理

def between(array, key, from, to)
from_index = array.find_index { |phase| phase[key] > from } - 1
return nil if from_index == -1
sliced = array.slice(from_index, array.length)
to_index = sliced.find_index { |phase| phase[key] > to }
to_index = sliced.length if to_index == -1
sliced.slice(0, to_index)
end

お前の休日は預かった。返してほしければ、

JavaのString#indexOf(int ch, int fromIndex)のような検索開始位置があるメソッドは、スクリプト言語には見当たらないことが多いような。
検索開始位置を引数に設けるぐらいなら、slice済みの文字列を作れってことなんだろうけど。
Javaの場合は、インスタンスの生成の量を減らすためにあるんだろうな。多分。実際、パフォーマンス意識するってときに、こういうメソッド使った。

ソート済みであることを前提とした高速化、標準ライブラリ1個呼ぶ出すだけじゃダメな場合があって、自前で実装しないといけないことが多いな。

(嘘)ってつけといたのは、COBOLやれって言われても多分やる気しないだろうなあと思われるため。

「フロントエンドもバックエンドもできて助かる」と言われたが、コーディングだったら、やれって言われたらどの言語もやるぞ(嘘)。

説明が雑な人について「どうすればいい?」って聞かれたんだが、結局、「主語と目的を徹底させる」という話になった。

5W1H、5+1個で6個も意識しないといけない?!

魚とトマトの人 さんがブースト

多分、本質は「コードをどこに書きたいか」と「明示的な分岐をどれだけ減らしたいか」という部分だけなのかなという気がしている

魚とトマトの人 さんがブースト

ざっくり言うと、AbstractFactoryは、実装するべきメソッド/作るべき(たまに抽象)クラスがいくつか決まっていて、そのパターンを複数作りたい場合につかう。
必ず処理XにおいてAとBとCを作ることは決まっているけど、AとBとCの具体的な内容を変えたい場合。

FactoryMethodは、処理XにおいてAを作ることもBを作ることもCを作ることも、どれもあるけど、A,B,CはYというインターフェイスが共通している、みたいな場合に使う。

魚とトマトの人 さんがブースト

強い型片付け言語と、弱い、ダックタイピングな言語でファクトリメソッドの意義はかなり異なるのでアレ。

Factoryだったか、Factory Methodが、Apach POIで使われてたなあ。

C言語のロゴも無かったりするのかな?