笹野 哲平 さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。

笹野 哲平 @nogitsune413@qiitadon.com

日本の貧困問題は相対的な貧困であって、絶対的な貧困ではない。だから、絶対的な基準で見れば、確かに日本は豊かになった。また、今日言われる日本の劣後というのも、他の国が成長しているのに、日本はしていない、乃至成長が弱いということで、日本そのものの衰退というより、他国と比較した場合の相対的な劣後という意味が大きいと思う。

"イギリス近代史講義 (講談社現代新書)"(川北稔 著)a.co/e6SnUJw

成人した子供が両親のもとに帰り、老親を世話する習慣はなく、いずれ片方を亡くした親は独居老人になり、いわば「システム的に」貧困が生じる。

昨日、核家族が脆弱だとトゥートしたら、レスポンスがあったから補足。僕は川北稔『イギリス近代史講義』を読んでこの問題を知った。イギリスでは遅くとも17世紀には単婚核家族になり、14歳頃から奉公に出る社会習慣がある関係で結婚が20台半ばと晩婚になった。工業化以前の社会は十代半ばの結婚が多いがイギリスは産業革命前から晩婚であった。そのため、寡婦や独居老人、孤児の問題に早くから直面することとなり、社会福祉制度を充実させる必要が生じた。これは現代の日本の状況に比較的近い。

子供ができたり、年老いたりするとそれだけで苦しくなる。当たり前のライフサイクルが、政府の社会福祉制度なしでは回らないのだ。

なぜ核家族という、さして合理的ではない家族の姿が、近代社会の家族なのか。大家族の方がずっと強いのに、核家族が社会常識になったのは何故なのか。

はてなブログに投稿しました
プロマネから見た開発者の訴え - 野狐消暇録 nogitsune413.hatenablog.com/en

「手を出す」が暴力の場合とエロの場合があるな。それに気づいた。

プロジェクトマネジメントで自分がやった失敗を逐一記録して行こうかな。プロジェクト管理って地雷を避けるゲームみたいなところがあって、地雷がなければ「無駄な所作」になるし、踏んでしまえば「何やってんの?」って感じになるよね???

断熱素材使っている壁の住宅に住むと、暖房費が減るらしくて、羨ましい。ガンガンかけてるから。寒いんだもん。

THEOやってるけど、なぜかプラスになっている。たまにマイナスになったときは、ここぞとばかりちょっと突っ込む。それ以外に定期的にお金入れたりはしてない。

「一人で家を出て、自分で自分の家計をやりくりせよ」と言われると、日銭を稼ぐことに追われがちになる。

実家親戚が自営業だと、割と独立への理解があって、独立のリスクを取りやすくなる。
「独立するのが当たり前、全部自分でやりなさい」だと、リスクがとれずに、月給もらえる仕事以外に手を出しにくい。つまり、お金の心配が少ない、お金の融通が利きやすい人ほど、お金を儲けやすくなる。

ついに僕もおかしくなったか、頼まれていないのに家で仕事だ。😎 😎 😎
プロジェクトマネジメントが分かってきて、面白くなったのだ。

パズル的なところあるな。

当たり前だった。なぜ気づかなかったんだ。プロジェクト管理もまた、プログラミング同様、発見的なプロセスなのだろう。後から正解が分かるのだな、きっと。

誰になんの仕事をアサインするかが大切。

ブロジェクト・マネージャー試験受けようかな。😃

僕のPCは何をそんなに書き込んでいるんだろうな。カリカリ、カリカリと。もう一度、OS再インストールで直るだろうか?