z80oolong さんはインスタンス qiitadon.com のユーザーです。アカウントさえ持っていればフォローしたり会話したりできます。 もしお持ちでないなら こちら からサインアップできます。
z80oolong @z80oolong

# 現在の技術案件の近況

## Debian noroot 環境案件

### その1

ここ最近は、 Debian noroot 環境に導入する為の Ubuntu 19.04 環境の作成を行っていた。基本的には、以下の手順で作業を進めた。

なお、以下の作業は Terminal Emulator の内部ストレージ領域に ubuntu なるディレクトリを作成して行った。

- 先ず Ubuntu 19.04 環境は、[canonical.com で配布されている tarball][1] をベースとした。
- 上記の tarball を前述したディレクトリに展開し、同じディレクトリに proot 等を置いた。
- そして、[Debian noroot 環境の動作原理][2]に基づいて proot を起動するスクリプトを記述した。

[1]:partner-images.canonical.com/c
[2]:qiita.com/z80oolong/items/4ef1

### その2

- 以上で作成したスクリプトが正常に起動すると、 CLI ベースの Ubuntu 環境が起動するので、その後以下の様にして MATE デスクトップ環境と日本語環境等を導入した。
```
$ apt-get install mate-desktop-envronment plank fcitx-mosc
```
その他、必要に応じてパッケージを導入した。
- この時、幾つかのパッケージについて設定及び依存解決の失敗が発生するので、以下の様に原因のファイルの削除と設定の再実行を行った。
```
$ rm /var/lib/dpkg/info/udisk.postinst
$ rm /var/lib/dpkg/info/libfprint0:armhf.postinst
$ dpkg --configure -a
```
- 次に、前述した Debian noroot 環境の動作原理を元に MATE デスクトップ環境を起動するスクリプトを記述した。
- そして、上記のスクリプトの起動前に、 XSDL サーバを起動しておく。

### その3

- 最後に、 MATE デスクトップ環境を起動するスクリプトを起動すると、 XSDL サーバに MATE 環境が描画されるので、適切に画面表示及び日本語入出力の設定を行う。

以上の作業により、以下の画像の様な MATE デスクトップ環境が得られた。

なお、以上の環境は現時点では試作の環境であり、今後試作の環境が置かれている ubuntu ディレクトリ以下のファイル群を tarball で固めて、 Debian noroot 環境に移動・展開して、本格的な動作確認を行う予定である。

また、試作環境の段階において、現時点では、以下の問題点が判っている。

- dbus daemon の動作について、 /var/run/dbus/dbus_system_socket に関する動作が不安定である。
- /var/run/dbus ディレクトリが存在しない場合は、当然に上記ソケットの作成に失敗し、 MATEデスクトップの設定の一部が起動しない問題が発生し、上記ディレクトリが存在する場合でも上記ソケットの通信に不具合が発生する場合がある。