z80oolong @z80oolong@qiitadon.com
フォロー

### その2

- 以上で作成したスクリプトが正常に起動すると、 CLI ベースの Ubuntu 環境が起動するので、その後以下の様にして MATE デスクトップ環境と日本語環境等を導入した。
```
$ apt-get install mate-desktop-envronment plank fcitx-mosc
```
その他、必要に応じてパッケージを導入した。
- この時、幾つかのパッケージについて設定及び依存解決の失敗が発生するので、以下の様に原因のファイルの削除と設定の再実行を行った。
```
$ rm /var/lib/dpkg/info/udisk.postinst
$ rm /var/lib/dpkg/info/libfprint0:armhf.postinst
$ dpkg --configure -a
```
- 次に、前述した Debian noroot 環境の動作原理を元に MATE デスクトップ環境を起動するスクリプトを記述した。
- そして、上記のスクリプトの起動前に、 XSDL サーバを起動しておく。